創造の城とふるさとの河
富山のふるさとに関する事、謎や神秘、真実の追求
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山の創世記2
《古墳時代/飛鳥時代/奈良時代》

3世紀後半から4世紀始めにかけて、畿内を中心に巨大な前方後円墳が作られました。
それは畿内の大和地方に、強力な政治権力者、巨大な王権があったことを表しています。
この大和王権なる巨大な勢力は、4世紀以降、北陸地方にも勢力を伸ばしてきました。
このことは日本最古の歴史書、古事記や日本書紀に記されており、北陸地方のことを「コシ」と呼んでいます。
漢字は、古事記では「高志」、日本書紀では「越」、出雲国風土記では「古志」と記されています。
漢字表記で「越」に統一されるのは8世紀以降で、それまでは「高志」「古志」「越」といろいろ使われていたようです。日本書紀では「越の洲(こしのしま)」「北陸」とも出てきています。

この大和王権の北陸進出についての記述ですが、日本書紀において崇神(すじん)天皇の10年のこととして次のように書かれています。
「大彦命(おおひこのみこと)を北陸(北陸道・越)に、
武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)を東海(東海道)に、
吉備津彦命(きびつひこのみこと)を西道(山陽道)に、
丹波道主命(たんばのみちぬしのみこと)を丹波(後の令制国の丹波国、丹後国、但馬国にあたる領域)に、
派遣し、命令に従わない者は兵を挙げて討伐するよう命じ、4人に印綬(いんじゅ・しるし)を授けた。」
この4人は四道(しどう)将軍と言われています。
(ちなみに吉備津彦命は、おとぎ話桃太郎のモデルになった人物です。)

越の範囲、いわゆる大和王権の北陸地方における勢力範囲は、3世紀から7世紀にかけて、今の福井(若狭・越前)から順番に、石川(加賀・能登)、富山(越中)、新潟(越後)、山形・秋田(出羽)と北に向かって段階的に広がっていったとみられています。
越より北の勢力外地域は蝦夷(えぞ・えみし)と呼び、異族視されていました。
また当時は関東や東北、北海道など東日本のほとんどの地域がまだ勢力範囲外だったので、大和王権はこれらの地域も全て蝦夷と呼んでいました。

toyama_souseiki01.jpg



4世紀末から7世紀初頭にかけて、大和王権は地方を支配する為に、各地方を今でいう郡ほどの大きさに区切って、各領域に国造(くにのみやつこ)という官職を置きました。国造には当時有力だった各地方の首長層を任命しました。
越国では全部で13の国造が定められました。
西から順番に、若狭(わかさ)・角鹿(つぬが)・三国(みくに)・江沼(えぬま)・加我(かが)・加宜(かが)・羽咋(はくい)・能等(のと)・伊弥頭(いみづ)・久比岐(くびき)・高志(こし)・高志深江(こしのふかえ)・佐渡(さど) となっています。
国造は、後の令制国(りょうせいこく)に相当する範囲に複数置かれたとみられますが、後の越中の領域には伊弥頭1つしか置かれませんでした。
勢力範囲の広さが特徴的なその伊弥頭ですが、国造の官職についた者として唯一文献に記述されているのが、成務(せいむ)天皇の時代の、大河音足尼(おおかわとのすくね)です。
(国造本紀(こくぞうほんぎ)(先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)第10巻)に記述されています。)
大河音足尼は、蘇我氏の祖先である武内宿禰(たけのうちのすくね)の孫にあたります。父は若子宿禰(わくごのすくね)です。
伊弥頭国造の勢力拠点は、現在の射水市のあたりにあったものと考えられ、呉羽山丘陵周辺の古墳が当時の国造の存在の大きさを表しています。

toyama_souseiki02.jpg



646年(大化2年)孝徳天皇が改新の詔を発布しました。(大化の改新)
647年(大化3年)現在の新潟市阿賀野川河口周辺に渟足柵(ぬたりのき)といわれる城柵(じょうさく)が設置され、翌648年には新潟県村上市岩船周辺に磐舟柵(いわふねのき)が設置されました。
城柵というのは当時の軍事的な防御施設のことで、大和王権が蝦夷に備えるために設置したものであり、これは当時の越国の北端を意味しています。
城柵はその後も8世紀前半にかけて、都岐沙羅柵(つきさらのき)、出羽柵(でわのき)、秋田城(あきたのき)、雄勝城(おかちのき)と、徐々に北に向かって設置されていきます。
ただ、これを作るために地元の労働人が大量に徴用されたのですが、大和王権に容易に服従しない人たちもいたようで、なかなか簡単には支配、平定はできていなかったようです。こうした越の国の反逆人は、越蝦夷(こしのえみし)と呼ばれていました。

toyama_souseiki03.jpg



701年(大宝1年)大宝律令(たいほうりつりょう)が制定されます。
これは大和王権が、中国「唐」の法制度に習って律令(りつりょう)を定め、地方支配と中央集権国家を目指したものです。

続日本紀(しょくにほんぎ)に、702年「越中国四郡を分かちて、越後国に属せしむ」とあり、このときに初めて文献に「越中」という国名が出てきました。この内容からみると大宝律令制定時にはすでに越中、越後という国が存在していたことになります。

ここでいう越中から越後の所属となった四郡というのは、頸城(くびき)、魚沼(うおぬま)、古史(こし)、蒲原(かんばら)の四郡のことと考えられています。この四郡は現新潟県の領域で言うと西端〜中央部分まで占める大きな領域にあたります。
現富山の領域にも元々、射水(いみず)、礪波(となみ)、婦負(ねい)、新川(にいかわ)の四郡があったので、7世紀以前の越中は八郡を占める巨大な国だったことになります。
また同じく7世紀以前の越後は、現在の新潟県北部(阿賀野川以北)から山形県庄内、秋田県日本海側の領域までおよんでいたと言われています。

toyama_souseiki04.jpg



越後は708年11月14日に出羽郡を設置、そこに出羽柵(でわのき・山形県庄内地方)を築造しました。
そして712年10月27日に出羽郡は出羽国として新たに制定され越後から分立、713年10月1日には陸奥国から置賜郡と最上郡を譲渡、併合されました。
一方越前国では、718年5月に越前国北部にあたる羽咋郡、能登郡、鳳至郡、珠洲郡の四郡が能登国として分立しました。

toyama_souseiki05.jpg



741年12月、能登国を越中国に併合。
743年2月、佐渡国を越後国に併合。
746年6月、大伴家持(おおとものやかもち)が越中国の国守に任命され、7月に越中に赴任してきました。
越中国府の国庁は、勝興寺(現高岡市伏木)境内およびその周りの一帯にあったとされています。
この時の越中は能登の領域も含んでいたので、家持は東の現魚津市あたりから、北は能登半島の端まで多くの場所を諸郡巡行しました。
家持は帰京するまでの5年間、国守の任務を遂行しながらも、越中の素晴らしい自然、情景を多くの歌に詠み、残しています。それは後に万葉集に編纂され、今でも富山県人に越中万葉として親しまれています。
751年7月、大伴家持が少納言に任ぜられ、帰京しました。

toyama_souseiki06.jpg



752年11月、佐渡国が越後国から再び分立。
757年5月、能登国が越中国から再び分立。

toyama_souseiki07.jpg



823年、越前国を南北に2分割し、加賀郡と江沼郡の2郡で加賀国を設立。
加賀郡の浅野川以南を河南郡として分離、
また江沼郡の北部を能美郡として分離。
同年6月に河南郡は石川郡に改称。

toyama_souseiki08.jpg



<参考文献>
・ふるさと富山歴史館 著:深井 甚三 他/富山新聞社/2001年
・図説 富山県の歴史/河出書房出版/1993年
・富山県史〈通史編 1〉原始・古代/富山県/1976年
・北陸の風土と歴史 著:浅香 年木/山川出版社/1977年
・越と出雲の夜明け 著:宝賀 寿男/法令出版/2009年
・越と古代伝承(富山史壇37号38号39号抜刷) 著:広瀬 誠/1967年
・越中の大昔―地形・アイヌ語 著:間方 徳松/1981年
・とやま古代のロマン 先史文化研究グループ編/北日本新聞社/1987年





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。